「1984年」 ジョージ・オーウェル ハヤカワ文庫

(あらすじ)
1984年、世界は3つの超大国に分割されていた。
そのうちのひとつ、オセアニア国では強力な全体主義体制が確立し、
人々は思想や言語から日常生活のあらゆることまで、完全に管理されていた。
この非人間的体制に疑問を覚えた役人ウィストンは、禁止されていた日記をつけ始める・・・。

人間の尊厳などまったくない、異常な管理社会。
正常な神経をもつ人間ならば、とてもじゃないが生きていかれないはず。
しかし、この国の統治システムは、あらゆる手段を用いて、
人の思想までも徹底的に管理し、いつしか誰も体制に疑問を持たなくなってしまう
(持つ動機すら失ってしまう)。
その統治の方法論は、小説の中盤以降で明らかになるのだけれど、
そのあまりの緻密さと無慈悲さに、背筋が寒くなった。

この小説の権力構造に順応している人たちが幸せだとは、どうしても思えない。
でもそれは、今のこの現代日本社会に生きる者の価値観で評価しているからなのだろうか?
もしも、この小説のような体制の国に生まれて、それに適合するように育てられたのならば、
自由や人権や平等がない中でも、幸福に生きられるのだろうか?
・・・人間は本能として、自由や人権などを求めるものなのだろうか?
そういったことを考えさせられる小説だった。

重くて暗くて救いようがないけれど、すばらしく面白い小説。
超オススメです。


<オススメ度>★★★★★
[PR]
# by komuro-1979 | 2006-04-01 23:14 | イギリスの小説

「20世紀絵画 モダニズム美術史を問い直す」 宮下誠 光文社新書

20世紀の絵画の有名どころを採りあげて解説していく中で、
「具象絵画=分かりやすい、抽象絵画=分かりにくい」という一般的感覚に
疑問を投げかけ、新しい解釈パラダイムを提案することを目指した本。

~主義などの美術用語?が、ろくな説明もなく多用されるので、
僕のような絵画に最近興味を持ち始めた初心者が読むには、
やや敷居が高いと感じた。
そのうえ、著者は抽象的で難しい単語を好んで使うので、
読むのにとても骨が折れる。
もうちょっと簡単な言葉で説明できないものか。

一番不満なのは、紹介される絵画が口絵を除き、すべてモノクロであること。
モノクロの絵画を指して、「この絵の空の青が~」とか言われても、全く伝わらない。
なぜオールカラーにしないのだろうか・・・?

このような不満点はあるが、絵画の説明はすばらしい。
僕が今までに考えたこともない、専門家の視点から絵を解釈しているので、
「こんな風な絵の見方もあるんだ」と、素直に感心した。
この本を読んだことで、自分の絵画鑑賞眼が少し精密になった気がする。


<オススメ度>★★★★
[PR]
# by komuro-1979 | 2006-03-30 18:06 | 小説以外の本

「社会調査のウソ」 谷岡一郎 文春新書

普段、新聞などで、毎日のように目にする社会調査。
例えば、「死刑制度廃止に賛成○○%、反対○○%」とか、「内閣支持率○○%」とか。
僕はこれまで、こういった調査を目にしても、詳しく分析しようとせずに
そのまま受け入れていた。
しかしこの本を読むと、そういう安易な態度がとても危険であることが分かる。

著者は「世の中に蔓延している社会調査の過半数がゴミである」と言う。
そんな大げさな・・・、と思って読み始めるのだけど、
次から次へとどうしようもなく(調査方法や分析が)杜撰な、
ほんとにゴミと呼ぶしかない調査がたくさん出てくるので、
まさに著者の言うとおりであると納得してしまう。
そういうゴミ調査が、大新聞や国家機関によってなされる
ことが往々にしてあるというのが恐ろしい。

本書はこのようなゴミ調査の例を多数挙げた上で、それをきちんと批判し、
なぜこういった調査がうまれるのか、その原因を究明するという構成で書かれている。
本書を読み終える頃には、社会調査を批評する基本的な能力を
身つけることができるだろうと思う。


<オススメ度>★★★★
[PR]
# by komuro-1979 | 2006-03-27 18:03 | 小説以外の本

「マンガでわかる統計学」 高橋信 オーム社

突然統計学の勉強がしたくなり、ネットで入門書を探していた時に出会った本。
僕は複雑な数式をみると吐き気を催すような、典型的な文型人間であるから、
マンガがないとダメだ。読む気がしない。
(そもそも、そんなんで統計学を学ぼうとするのは間違っているのだけれど・・・)

マンガは非常によくできている。
絵が上手くて、主人公の女子高生がとてもカワイイ。
ギャグもなかなか上手なので、読んでて楽しい。

肝心の統計学の部分は、初学者でも十分ついていけるように、
分かりやすく丁寧に解説してくれるので助かる。
個人的には、受験生時代に散々世話になった「偏差値」がどういうものなのか、
この本を読んでようやく分かったのがうれしかった。

マンガがあるからといって、統計学の理論の理解が進むわけではないが、
勉強の心理的負担がとても軽くなる。
それは初学者が勉強を続ける上でとても重要なことであり、
その点で本書は特にオススメできる。


<オススメ度>★★★★
[PR]
# by komuro-1979 | 2006-03-25 01:03 | 小説以外の本

「君主論」 ニッコロ・マキアヴェッリ 講談社学術文庫

前回読んだバルザックの「幻滅」で、マキアヴェリズムという言葉に出会った。
辞書をひくと、「目的のためには手段を選ばない、権力的な統治形式」とあり、
マキアヴェリという人が、「君主論」という書物の中で説いた考え方であることが分かった。
「幻滅」のなかで神父が説いた悪の道徳論に共通するものを感じ、興味を持ったので、
早速、この本を手にとってみた。

どんな非情なことが書いてあるのかと、楽しみにして読み始めたけど、
書いてあることはどれも真っ当なことのように感じられたので、少々拍子抜けした。
著者が非情な手段を薦めるのも、それが統治のためのもっとも有効な手段である場合に
限定していて、常に非情であれと言っている訳ではなかった。そりゃそうだ。

君主のために書かれた書物であるから、
他国との同盟についてだとか、兵士についてだとか、
現代人にとっては関係がないテーマが多い。
でも、だからといって、読んで無駄とは思わなかった。
というのは、著者の様々な政策論は鋭い人間観察に基づいており、
統治者との関係性のなかで、人間というものがどういうものかを鋭く分析している。
人間の本質が今も昔も変わらないことを考えると、
これらの分析は現代人の人間関係を考える上で、参考になると思えたのだ。
特に、管理職にある人は、読んで損はしないと思う。


<オススメ度>★★★
[PR]
# by komuro-1979 | 2006-03-18 19:30 | 小説以外の本

「幻滅(下)」 バルザック 藤原書店

リュシアンとダヴィッド、やっぱりそういう結末をたどったか・・・。

リュシアンには物書きの才能と美しい容姿があり、ダヴィッドには発明の才能があった。
しかし2人は、あまりにも世間知がなさすぎた。
そして、周囲に渦巻く妬みや陰謀に対して自分の身を守る術を、
全くといっていいほど知らなかった。
彼らが腹黒い連中に次から次へと騙されつづける様子は、
あまりに情けなく、読んでて気分は重かった。

リュシアンはもともと救いようがないのだが、ダヴィッドもいかんな。
あまりにお人よし過ぎる上に、愚鈍で、商売にちっとも向いてない。
寛大とか高潔とか性格描写されていたけど、あれじゃ単なるアホだ。
その病的にお人よしな行動から、自分だけが苦労するのならいいけど、
妻や母親も運命を一緒にしているのだから、責任は思い。
とても腹が立ってしまった。

一方、コワンテ兄弟やプティ=クロ、そしておいぼれ熊は、
すごい陰険で嫌なやつのように思えるけど(いや、実際そうなのだけれど)、
彼らは法律を犯しているわけでなく、その行動はあくまで商売上のかけひきの範囲内だ。
彼らがダヴィッドを騙す手際はあまりに見事であり、すがすがしささえ感じた。

リュシンアン、ダヴィッドの失敗に歯がゆかったので、
最後の怪しげな神父の人生訓(悪のすすめ)が、かなり魅力的に思えてしまった。
あれに従っていれば、2人は大成功を治めていただろうに。
やっぱり陰謀渦巻く世界で成り上がるには、ある程度非情にならないといけないのかも。

・・・
全体の感想。
この小説ですばらしいのは、
出版業界、貴族社会、商売の世界の
裏の事情を余すところなく精密に描いた所だと思った。
こういった世界で生きる人たちの物事の考え方や、
日々繰り広げられる駆け引きは非常に面白く、作者の力量すばらしさを感じた。

問題は、本の値段があまりに高いこと。
上下2冊で6500円ぐらいする。
普段、文庫本ばかり買っている者にとって、買のにかなり躊躇する値段だ。
もう少し安ければ助かるのだが。


<オススメ度>★★★★
[PR]
# by komuro-1979 | 2006-03-15 01:54 | フランスの小説

「幻滅(上)」 バルザック 藤原書店 

(あらすじ)
田舎で貧しい暮らしをしつつも、才気に溢れ、青年らしい野心をもった詩人リュシアン。
ある日彼が田舎の貴族夫人に気に入られてから、その運命は一変する。
上巻では、田舎からパリに出てきたリュシアンが、出版業界に入り、出世するまでの
経緯が描かれる。

最初、ダヴィッドの話が延々と続くので
主人公はダヴィッドなのだと思って読んでいたら、なんとただの脇役だった。
最初からあれほどのページを割く必要がない気がするが・・・。
もしかしたら下巻で活躍するのだろうか?

リュシアンは「セナークル」の善良で高潔だが貧しい人々から離れ、
欲望と陰謀渦巻く出版業界に入り、そこであっという間に出世する。
社会的地位と経済力が上がり、今まで鼻にもかけてもらえず侮辱さえ受けた
貴族や有力者たちに対して復讐をはじめる。
その様子は爽快だけど、「セナークル」の偉人たちに感化されるリュシアンの様子を
もっと見ていたかったので、ちょっと残念な気もする。
また、リュシアンのあの出世欲と向こう見ずさはかなり危なっかしく感じる。
いつか誰かに策略にはまってあっさり没落しないかと、ハラハラしてしまった。

リュシアンの出世物語を通じて、
当時、ジャーナリストというものが社会にどれほど大きな影響力をもっていたか、
また、記事というものがどういう社会的権力関係の中で作られるのか、
そういう出版業界の裏事情が垣間見れてとても面白かった。
現代の出版業界はどうなのだろう・・・?
やっぱり本質はこの頃と変わらないのだろうか?
[PR]
# by komuro-1979 | 2006-03-11 01:08 | フランスの小説

「はじめての現象学」 竹田青嗣 海鳥社

著者の本はこれで三冊目。
著者の本は、哲学というものを分かりやすく、一般人に身近なものとして
紹介してくれるので、哲学初心者でも十分楽しめる。

この本では、「想像変容」「還元」などの現象学の難しい用語を、
日常生活のありふれた事象に例えつつ、噛み砕いて説明してくれるので、
非常に分かりやすかった。
あとがきに言うとおり、「普通の人間が小説でも読むように読めるような哲学書」だと思う。
現象学という学問が、自分と他人との関り方を考える
ひとつのツールだということがよく分かった。

ただ、著者は現象学については、前に「現象学入門」という本を書いており、
「「現象学入門」で説明したので簡潔に説明する」という
記述が本書の中でたくさん出てきたので、先にそちらを読んでおいた方が
より理解が進むかもしれない。

やや不満な点を言えば、現象学の各論点の説明に入る前に、
もう少し現象学全体の、総論的な部分を充実させて欲しかったと思う。
個々の議論はとても分かりやすいのだけれど、
それが現象学という思想体系のどこに位置づけれられているのかが、
注意深く読んでないと分からなくなってしまい、
本を読み終わった後、「結局、現象学ってなんだったのだろう?」となってしまう。
そのため、僕は一度読んだ後、すぐに読み返す派目になってしまった。


<オススメ度>★★★★
[PR]
# by komuro-1979 | 2006-03-05 18:00 | 小説以外の本

「ジャン・クリストフ(四)」 ロマン・ローラン 岩波文庫 

それにしても、クリストフに関った人物が
次から次へと死んでいくのはどうしたことだろう?(笑)
親しい者の死によってクリストフに試練を与えるという
ストーリー上の必要があるのかもしれないけど、
いくらなんでも、ちょっと死にすぎな気がする。

クリストフとアンナとの恋愛のシーンはすごい迫力だった。
こんな恋愛があるのだろうか?
心の表層的な部分ではなく、魂がいやおうなく相手にひきつけられ、
一度ひっついたら決して離れられないような恋愛。魂の結合。
すごいなぁ・・・。
このシーンの、情熱と理性、生と死の戦いに関する描写は
人間の本質というものを描きだしていて、ただただすばらしかった。

ただ、他のシーンでは、やや退屈する箇所が多かった。
その原因はまず、ストーリーの進展の遅さと単調さにあると思った。
もちろん、アントワネットやアンナとのエピソードをはじめ、
心を打つエピソードはたくさんあったのだけれど、全体の分量からすると少ない。
そういうエピソードよりはむしろ、比較的平坦な生活のなかでの
主人公の内心の葛藤やパリの当時の思想・文化状況に多大なページが割かれている。
深い心理描写は好きなのだけれど、ちょっとくどすぎる感じがして好きになれなかったし、
パリの思想状況等については関心がなかったので、退屈に感じられた。

ラストにかけては、改めて、クリストフという人間の強い精神力と、
人に対する(楽天的とも言える)信頼の強さに感動した。
そして、一人の人間が一生かけてできることというのは
とてもちっぽけではあるけど、それでも彼が生きた証はちゃんと
後世に残り、それは形を変えることがあっても、
人類の歴史の流れの中で脈々と受け継がれて行くという、
壮大な思想が感じられた。
死ぬことはそんなに悲観することではないのではないか、と、
読んだ後に思えてしまったぐらいだ。

全体の感想。
正直言うと、客観描写と心理描写が詳細かつ長すぎてしんどかった。
どんなにそれらが優れたものであっても、
あらゆる事柄について精密に長々と描写されると、読んでて疲れてしまう。
その結果、本来は盛り上がるシーンにさしかかっても、
疲れと飽きによって感動が減ぜられてしまった感がある。
もうちょっとメリハリをつけた描写が欲しかった気がする。

とはいえ、個々の描写が優れていることは間違いない。
いろいろ含蓄ある言葉や考え方がちりばめられていて、
読んでる途中本を閉じて有益な夢想に耽ることがたびたびあった。
読んでためになる小説であることは間違いないと思う。

オススメ度は・・・。
読むのに必要な莫大な時間と精神力に対し、
読むことによって得られたものを比較すると、
少し割りに合わない気がした。
なので、オススメ度は★3つにしておきます。


<オススメ度>★★★
[PR]
# by komuro-1979 | 2006-02-27 18:07 | フランスの小説

「ジャン・クリストフ(三)」 ロマン・ローラン 岩波文庫 

金持ちの家に生まれ、天真爛漫に育ったアントアネットが、
突然の不幸によって家が没落し、両親を失い、不幸と貧困のどん底に突き落とされながらも
絶望せず、身を粉にして働き、愛する弟を助ける様子には心が打たれた。
なんて強い人だろう。そしてなんて献身的ですばらしい愛だろうか。

次に、クリストフの人生観の底にある、人間愛はすごいと思った。
世間から排斥され、様々な困難に遭い、人間の醜さを嫌というほど味わっているのに、
それでも世を嘆かず人を愛し続ける。
少し理想主義的な感じもするけど、厳しい現実の中でも
自分の価値観をずっと守り続ける姿は尊敬に値すると思う。

この巻ではクリストフの価値観・人生観を表している
次のやりとりが印象に残った。

「ほんとに世の中は悲しいものですわね!」とアルノー夫人はややあって言った。
クリストフは顔をあげた。
「いいえ、人生が悲しいのではありません。」と彼は言った。「悲しい時があるのです。」
アルノー夫人は悲痛さを押し隠して言った。
「以前は愛し合ったのに、もう愛し合わなくなる。それが何かのためになりましょうか。」
「愛し合っただけでいいんです」(476頁)
[PR]
# by komuro-1979 | 2006-02-25 03:23 | フランスの小説