「雨・赤毛」 サマセット・モーム 新潮文庫

短編集。モームの代表的な短編である「雨」と「赤毛」ほか1篇が収録されている。

「雨」は,重苦しく憂鬱な雨と宿の中の陰鬱な事件,「赤毛」は,南の島の大自然と激しい恋愛。このように,自然描写とストーリーの内容とのリンクがとても上手くいっていて,自然描写がそのまま登場人物の心情描写にもなっているような感じを受けた。だからかもしれないが,どちらも短編小説であり文章量は少ないながらも,密度が濃く感じられた。

どちらのストーリーも,最後に意外性のある結末をもって終わっており,メリハリがついている。個人的には「赤毛」の,娘の一途な恋の経過と,それに翻弄され続けた主人公のやるせなさを描いた部分が非常に面白かった。

良質な短編小説だと思う。オススメです。


<オススメ度>★★★★★
[PR]
# by komuro-1979 | 2006-11-18 17:33 | イギリスの小説

「2days 4girls」 村上龍 集英社文庫

(あらすじ)
心が壊れてしまい捨てられた女性たちを預かって,「オーバーホール」すること(女性を立ち直させるという意味)を仕事とする主人公。そんな仕事をするなかで預かった一人の女性(ミユキ)が,「明日からここに住みます」というメモを残して立ち去った。彼女を探して広大な庭園をさまよい歩く主人公であったが・・・。

ミユキを探して庭園をさ迷い歩く現在の視点から,かつて主人公がオーバーホールをした女性たちのことを振り返るという構成をとっており,場面が現在と過去を行ったり来たりするのだが,どうもそれがうまく行ってないように思える。

まず,庭園をさ迷うシーンは,風景描写も心情描写もどこか中途半端で退屈に感じた。そもそもどういう経緯でこの庭園をさまよっているのか,この庭園は何なのか,などが一切謎にされたうえ,その謎と,「距離感がなく,いくら前に進んでも先に進んでいないように感じられる」といったような描写と併せて,いわば夢の中の不思議な世界のようなものを表現しようという狙いで謎に満ちた雰囲気を描写しているのだろうが,読んでいるほうとしては,ただただ,わけが分からず疲れるだけだった。
女性の回想シーンは面白いのに,そこでの盛り上がりが,突如はさまれるこの退屈な庭園のシーンでぶつ切りにされてしまい,小説にうまく感情移入できなかった。

回想のなかで女性が4人登場するのだけれど,330頁の中で4人の女性のこと深く描写するのは困難であり,それぞれの女性の個性が十分に掴めなかった。
また,小説中,「自分の葬式を眺める方法が一つだけあるのだと彼女は言った。」という件が何度も出てきて,期待を煽るにもかかわらず,最後に明かされるその方法はやや期待はずれであり残念だった。

ラストも良く分からなかった結果,全体として何が言いたいのかよく分からず,素材自体は面白いのにそれが十分に生かされていない気がしたというのが正直な感想だ。


<オススメ度>★★★
[PR]
# by komuro-1979 | 2006-11-13 22:21 | 日本の小説

「かまいたち」 宮部みゆき 新潮文庫

(あらすじ)
時は江戸時代。人々は神出鬼没の辻斬り「かまいたち」に恐怖していた。
そんなある晩,街医者の娘であるおようは,辻斬りの現場に遭遇してしまう・・・。
表題作である「かまいたち」の他,短編時代小説を3作品収録。

「かまいたち」について。
ミステリー小説でありながら,登場人物のうち誰が「かまいたち」なのかが序盤で分かるうえ,その後の展開も読めてしまう。巻末の解説によると,「(このように「かまいたち」が誰か序盤で分かってしまうのに)読者が最後まで引き付けられていくのは,おようの心情が丁寧に描かれているからである。」とされている。

しかし,こういったおようの恐怖や焦燥感などの心情は,やはり,「かまいたち」の正体が最後まで分からず,今後ストーリーがどう展開するか分からないといった状態で始めて,読者に真に伝わってくるものであり,小説序盤から展開がすっかり読めてしまい,ハッピーエンドが約束されている状況では,おようの恐怖など茶番にしか見えず,緊張感がなくなってしまうように感じた。その点で,この小説は損している気がしてならない。

この「かまいたち」も,他の作品も,そこそこ面白いのだが,読んだ後に格別印象に残らない。
通勤・通学のときなどのちょっとした時間に気軽に読むのに適した短編集だと思う。


<オススメ度>★★★
[PR]
# by komuro-1979 | 2006-11-05 23:26 | 日本の小説

「手紙」 東野圭吾 文春文庫

(あらすじ)
強盗殺人の罪で服役中の兄を持つ主人公。この兄の存在それ自体が
主人公の夢や恋,就職など,人並みの幸せを奪ってゆく。
一度は自暴自棄になった主人公も,家族ができたことを機に,
差別と正面から闘うようになったのだが・・・。

身内に凶悪な犯罪者を持つことが如何なる苦労を伴うかということを,
主人公と共にその過酷な運命をたどる事によって,嫌と言うほど味わわされる。
「罪を犯したのは自分ではない。」という理屈は通じない。
冷たい世間の現実というものを淡々と描いており,
「最初は差別されたけど,正々堂々と,自分なりに努力していくうちに,
いずれ周囲も兄と自分を切り離し,受け入れてくれました。」といった,
安易なハッピーエンドで終わらないところが,リアルで素晴らしかった。

主人公は,自分の家族を守るために,兄との関係性に対して一つの結論を出す。
その結論の内容はこの小説の見せ場であることは間違いないが,
それよりも,犯罪を犯した兄の更生過程というものが一番の見せ場であると思う。
兄はこの小説では,犯罪を犯した当初から罪を後悔し,弟に対して欠かすことなく
近況報告と謝罪の意を込めた手紙を送り続ける存在として登場する。
誰の目にも彼は罪を犯したことを悔いており,その更生は確かなように思える。
しかし,小説終盤に至り,彼は自分が真に更生していなかったことに気づくのだ。
そこに至る過程が非常に面白かった。

ストーリー展開において,話を盛り上げるためにやりすぎとも思えるところ(バンド,失恋)が
あったことは事実だけど,難しいテーマに正面から立ち向かっていることに好感を持てた。
面白い小説だと思う。
昨日公開された映画,観に行ってみようかな。
(でも小説を映画化したやつって,大概つまんないんだよな・・・。)


<オススメ度>★★★★★
[PR]
# by komuro-1979 | 2006-11-04 22:27 | 日本の小説

「真夏の死」 三島由紀夫 新潮文庫

著者が自ら選んだ短編集。11作品が収録されており、
巻末には作者自身の作品解説がある。
すべての作品をレビューするのは大変なので、
本の題名に採用された、「真夏の死」についてのみレビューします。

「真夏の死」は、伊豆今井浜で実際に起こった水死事故を下敷きに、
過酷な宿命と、それを克服したあとにやってくる虚しさの意味を作品化したもの。

ストーリーの展開として、まず冒頭に衝撃的な事件の発生を描き、
その後で、残された家族が事件と向き合い克服していく過程を描くという構成をとっている。

このような特徴的なストーリー展開について、巻末の解説によれば、
作者はいかに読者を退屈させないかという点に心を砕いたらしいことが読み取れる。
しかし、残念ながら、作者が危惧したとおり、冒頭の事件の衝撃があまり強すぎた結果、
それとの対比により、その後の経過についての描写が短調なものに感じられてしまい、
やや退屈してしまった。

また、この短編のテーマは、ある過酷な恐ろしい宿命を克服すると、虚しさを感じてしまい、
新たな(恐ろしい)宿命に飢え始めてしまう点にあったようだが、
僕はそういう人間の業みたいなものよりも、むしろ、
人がある悲劇を体験したときに、いかにそれと向き合っていくか、
時の経過が心の傷にいかなる影響を及ぼし、人はどう変わっていくのか、
そういったことのほうに目を奪われた。

結局、作者の意図したような読後感は得られなかったが、
自分なりに楽しめたと思う。

他の短編で面白いと感じたのは、
病気の進行につれて人生観や芸術観が変化していく様子が面白い「貴顕」ぐらいで、
ほかはイマイチだった。


<オススメ度>★★★
[PR]
# by komuro-1979 | 2006-09-24 23:14 | 日本の小説

「博士の愛した数式」 小川洋子 新潮文庫

(あらすじ)
交通事故による脳の障害によって、80分前までのことしか記憶が持たない(数学)博士。
そんな博士の下に家政婦として働きに来た主人公およびその息子と博士との、
親愛の情に満ちた物語。

一見、無機質で単なる道具に過ぎないように思える数字や公式。
それが博士の手にかかると、その一つ一つに意味や表情を与えられて血が通い、
人間的な温かさのようなものさえ感じられるようになる。
それは不思議な驚きであり、まるでマジックを見ているようだった。

博士のその数学的センスのみならず、その心の温かさも、とても魅力的だった。
主人公の息子に対する慈しみの念の強さは感動的だったし、
物語終盤の、博士と成長した息子との友情は、涙を誘った。
自然描写や状況描写もうまく、よくできた小説だと思う。

ただ残念だったのは、未亡人についての描写が少なく、その人間像と掴めなかった上に、
博士との関係も曖昧で、その結果、この物語における未亡人の位置が宙に浮いていたように
感じられたことと、僕は野球には全く関心がないので、この小説の核をなす阪神ネタにピンとこなかったこと。
江夏って言われても名前ぐらいしか・・・。


<オススメ度>★★★★
[PR]
# by komuro-1979 | 2006-08-27 22:54 | 日本の小説

「けものみち(下)」 松本清張 新潮文庫

上巻・下巻を通じて思うのは、
絶対的な善人がいないということ。
民子の周辺には、悪人・小悪人がたくさんいて、
それぞれが自分の利益のために他人を陥れたり、相互に利用しあっている。
刑事すら例外ではない。そこが新鮮だった。

また、準主人公的な人間が、あっさり死んでしまうのも新鮮だった。
このように新鮮なのはいいのだが、
悪人だらけ&あっさり死亡のストーリーのせいで、
登場人物にあまり感情移入できなかったのは残念だ。

民子は、得体の知れない権力にすり寄って、
寛治のいる苦しい生活から抜け出し、
上昇できるだけ上昇しようとした。
しかし、結局、その強大な権力の全貌を掴むことはできず、
ただただ翻弄され、悲惨な結末を迎えることになってしまった。

民子にとっては、小滝の申し出たあの方法しか、
苦しい生活から逃れる術はなかったのだろうか。
あの方法を選択したことは正しかったのか。
最後まで読んでみて、小説の最初に書かれた「けものみち」の定義、すなわち

「カモシカやイノシシなどの通行で、山中につけられた小径(こみち)のことをいう。
山を歩く者が道と錯覚することがある。」

という一文が、改めて頭に思い浮かんだ。

・・・
面白いことは面白いのだけれど、それほど熱中できなかった。
それは、登場人物たちに感情移入できなかったせいだろう。
上に書いたとおり、準主人公的人物があっさり死ぬし、
主人公である民子については、同情はできるが、
性格的にあまりに小市民っぽいせいで(そこがリアルといえばリアルなのだが)、
好きになれなかった。

また、ストーリー的にも、民子の生活は、特異な環境に置かれているというだけで、
平坦といえば平坦な生活であるし、民子の周囲の人間の謎も、
解明されてみると、それほど大したことではないなと感じてしまった。
あれならば謎は謎のまま終わらせたほうが、
民子を取り囲む権力の不気味さ・強大さが際立ったのではないかと思えてしまった。


<オススメ度>★★★
[PR]
# by komuro-1979 | 2006-08-09 01:20 | 日本の小説

「けものみち(上)」 松本清張 新潮文庫

(あらすじ)
割烹旅館で働く31歳の民子は、病気で性格のゆがんだ夫・寛治に縛られ、
肉体的・精神的に疲労し、日々の生活に耐え難くなっていた。
そんな中、旅館に客として来た小滝に、寛治を殺害して権力の世界に
飛び込んでみないかと誘われる・・・。

寛治が民子に執着する様子の気味悪さといったらない。
今まで読んだ小説の中で、間違いなく一番気味の悪い登場人物だ。
世間から蔑まれ、同僚の嫉妬ばかりの職場で働き、家に帰れば寛治がいる。
そんな環境にいる苦痛を想像すれば、
「けものみち」を選択した民子を責められない気がした。

小説の構成としては、民子の周囲を囲む謎を、
民子自身の体験によって解明していくのではなく、
民子を追う刑事の視点から解明していくという構成になっているのが面白く感じた。

民子が身を寄せた屋敷の主(鬼頭)は一体、どんな人間なのだろう?
鬼頭と秦野と小滝、それぞれの関係は?
民子の周りを取り囲む謎が次第に明らかになっていく展開に、目が離せない。
[PR]
# by komuro-1979 | 2006-08-07 00:51 | 日本の小説

「潮騒」 三島由紀夫 新潮文庫

都会から離れた南の小島での、純真な若者たちの恋の物語。

さわやか過ぎる恋愛小説。
恋愛につきもののドロドロした部分が全くない。
登場人物たちの心の葛藤などの描写は、とてもあっさりとしていて、
風景描写も、いつも感じるような三島独特の分析的美しさというものが影を潜め、
簡潔に表現されている。

なので、詳しい心理描写や自然描写を伴い、
どこかダークな感じがする三島由紀夫の他の小説とは、
だいぶ異なった印象をうけた。
読んだ後に清涼感を感じはしたが、やはりどこか物足さを感じた。


<オススメ度>★★★
[PR]
# by komuro-1979 | 2006-08-06 15:58 | 日本の小説

「美しい星」 三島由紀夫 新潮文庫

ある日、自分が宇宙人であるという意識に突然目覚め、
人類を核による滅亡から救おうとする一家族と、
それに対抗する勢力との対立のなかで、
核の時代に生きる人々の不安と、人類の展望を描いた作品。

UFOとか宇宙人とかいう単語が出てくると、それだけで、
「小説全体が陳腐なのではないか」との先入観を持ってしまう。
実際、UFOを見たことがきっかけで、唐突に自分が宇宙人であることを直感する
登場人物たちが、なんだか非常に滑稽に感じられ、
読み始めの頃は、今後の成り行きに不安を覚えてしまった。

しかし、「登場人物が宇宙人」という設定は、後半でとても生きてくる。
この小説の大きなテーマは「人類の未来」であるが、
宇宙人であるからこそ、国や文化や人種などに囚われずに、
人類全体のことを包括的に、第三者的な目で、違和感なく語れる。
そのおかげで、小説後半部分の、宇宙人である重一郎と羽黒の間でなされた
人類についての議論は、抽象的な「人類」というものを対象としているのにとても白熱し、
読んでてぐいぐい引き込まれた。
宇宙人という設定はこの小説に不可欠だったと、ここに至ってようやく分かった。

重一郎と羽黒は、人間の未来を悲観的に見ているという点では共通しており、
重一郎は人間をその悲劇的な未来から救おうと奮闘する。
しかし、最後の最後でその任務を放棄し、
「何とかやっていくさ、人間は」と言う。
僕は彼のその方向転換に、人間というものに対する作者の考え方を理解する
鍵があるように感じた。


・・・
キワモノっぽさを醸し出しつつも、
人類について考えさせられる真面目な小説。

彼らは嘘をつきっぱなしについた。
彼らは吉凶につけて花を飾った。
彼らはよく小鳥を飼った。
彼らは約束の時間にしばしば遅れた。
そして彼らはよく笑った。

という五つで人間の生活と歴史の全てが語れるというくだりが、一番印象に残った。


<オススメ度>★★★★
[PR]
# by komuro-1979 | 2006-07-23 23:15 | 日本の小説