<   2007年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「人間の土地」 サン=テグジュペリ 新潮文庫

職業飛行家である作者が,実際に体験した冒険を紹介し,
その中で人間の本質というものを探求した小説。

最初に惹かれるのは文章。非常に硬質であり,男臭さを漂わせながらも,
感情描写や自然描写には繊細さがあり,詩のようでもある。
不思議であるが,素晴らしい文章。読み始めてすぐに小説の世界に引き込まれた。

この小説で紹介される冒険は,例えば,「砂漠に不時着し,喉の渇きと疲労によって生命の危機に陥るも,奇跡的に助かる」など,どれも劇的で相当興味深い。
しかしこの小説の醍醐味は冒険それ自体ではなく,そういった冒険の中,作者がどんな行動をとり,どんな風に感じたかを示すことによって,人間の本質とは何かを考えさせられるところにあると思う。

大自然の中や,危機的状況の中で見られる人間の高貴さ。
そういったものを失ってしまった都市部に暮らす人々に対し,作者は警鐘を鳴らす。
小説を読み終わったとき,大げさでもなんでもなく,これまでの自分の生き方を振り返らざるを得なかった。そういった力がこの小説にはあると感じた。

手放しで絶賛できる小説。
やや哲学チックであり,苦手意識を持つ人もいるかもしれませんが,
四の五の言わず,是非読んでみてください。
超オススメです。


<オススメ度>★★★★★
[PR]
by komuro-1979 | 2007-02-12 23:07 | フランスの小説

「ドキュメント精神鑑定」 林幸司 洋泉社

猟奇的な事件が起こると,ニュース上では精神鑑定という文字が躍ることが多く,
以前より,精神鑑定そのものに興味を持っていたし,精神鑑定の対象者は
どんな人なのだろうという興味もあったことから,なんとなくこの本を手に取った。

気軽に手に取ったはいいが,精神鑑定の流れや病気について,
予想以上に丁寧に説明がなされており,新書ながら情報量は多い。
精神鑑定について詳しく知ることができる一方,読むのに骨が折れ,
特に第1章は,法律に興味がないと読むのは辛いかもしれないと感じた。

この本のメインは第3章。
著者は精神科医として20年以上のキャリアを持ち,精神鑑定を多数経験しているのだが,
その著者が実際に行った精神鑑定が10例ほど紹介されているのだ。
対象者の精神状態や言動に対し,どんな診断が下されるか,
鑑定人として法廷に立ち,証人尋問を受けるのはどういった気持ちなのか,など,
好奇心をそそられるところがたくさんあり,読んでて素直に面白い。

筆者は,精神鑑定の重要性を説きつつも,同時にその限界を示したうえ,
今後の精神鑑定はどうあるべきか,などといったところまで踏み込んだ記述がなされており,
その誠実な態度に好感を持てた。

興味がある人は是非手にとってみて下さい。 
[PR]
by komuro-1979 | 2007-02-12 22:32 | 小説以外の本