<   2007年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「劇場」 サマセット・モーム 新潮文庫

(あらすじ)
その美貌と天性の才能を駆使して,イギリスで押しも押されぬ大女優となった46歳のジュリア。外見上は,美男俳優で劇場経営者である夫マイケルと理想的な夫婦を演じていたが,彼に満足できないジュリアは,劇場の経理を担当していた23歳のトムと不倫してしまう・・・。

典型的な不倫小説のようであるが,この小説の面白いところは,不倫するのがただの奥さんではなく,大女優であるところだ。

小説はジュリアの視点で描かれる。
彼女がどういう意識で舞台にのぼっているのか,そして役を演じる際に何を考えているのか,そういう,女優というものの内面がかなり詳細に描かれている。自分の知らない世界なので,読んでて非常に興味深かった。

また,トムがくだらない男であると頭では分かっていながら,しかし感情は理性を裏切り,彼に振り回されてしまうという,恋愛の不可思議な感情の動き,そしてジュリアの仕掛ける恋愛の駆け引きなどの描写もとてもうまいと感じた

あれほどトムに激しく恋をしながらも,身を滅ぼさなかったは,やはりジュリアが大女優であり,仕事に命をかけているからだろう。彼女の生活の中心はあくまで舞台であり,それが彼女の人生の一本の太い芯になっている。
従って,一見すると,トムとの恋愛が小説のメインのようでありつつも,しかし作中のなかで恋愛は彼女の仕事にかける情熱を別の角度から浮き上がらせる役割を果たすにすぎず,メインはむしろ,ジュリアの舞台にかける情熱,プロ意識のほうにあると思った。

特に小説の最後で,息子から,「あなたってものは存在しない。あなたはただあなたが演じる無数の役割の中にだけ存在するんです。いったいあなたっていう人間がいるのか,それともあなたは自分が扮する他人を容れるための器でしかないのか,と僕はよく不思議に思ったんです。」などと手厳しい言葉を言われた際の,ジュリアの独白(ネタバレになるので書きません。ぜひ読んでみてください)は大女優ならではであり,プロとはこういうものかと感心してしまった。

・・・
461頁と長い小説ですが,難しさは全くなく,すらすら読めます。
大女優の恋愛と人生というものを,ぜひ体感してみてください。


<オススメ度>★★★★
[PR]
by komuro-1979 | 2007-01-14 21:31 | イギリスの小説

挨拶が遅れましたが・・・

明けましておめでとうございます。
新年一発目として,正月の暇な時間に読んだ本のレビューを2つほど書かせて頂きました。

最近は,海外文学に限らず,日本の文学や流行の小説を段々と読むようになりました。
このブログを始めたときは,とにかく「文学」というものに対する苦手意識を解消しようとして,夢中で手当たり次第に有名な文学小説を読み漁るだけに終わり,読んだ内容を自分のなかで消化する余裕があまりなかった気がします。

しかし,そんな苦手意識がだいぶ解消し,読書熱が適度なレベルに治まった今,ようやく自分の真に読みたい本を,自分のペースで読めるようになってきた感があります。
色々な本を読んで,人間的に成長していきたいと思うので,何かオススメの本があれば,是非紹介してください。

というわけで,更新の遅い弱小ブログですが,今年もどうぞ宜しくお願いします。
[PR]
by komuro-1979 | 2007-01-08 19:46 | 日記

「二重人格」 ドストエフスキー 岩波文庫

(あらすじ)
主人公ゴリャートキンは小心で引っこみ思案,そして才能も家柄もない典型的小役人。自分の性格や今自分の置かれている現状に比し,出世して人生の成功者になりたいという欲望はあまりに大きく,そのギャップに苦しんで精神的に病んでしまった結果,もう一人の自分という幻覚を作り出してしまう・・・。

もう一人の自分(新ゴリャートキン)は,快活で人当たりがよく,ゴマすりもうまい。本当の自分とは正反対であり,こうありたいと常々思っている自己の姿をまさに体現している。そんな新ゴリャートキンに,役所での自分の地位を次々と奪われて嫉妬し,段々と精神的に病んでいく過程が描かれているのだが,結論的に読んでてやや退屈という印象を受けた。

ゴリャートキンが新ゴリャートキンを憎み,復讐をしてやろうと思いつつも,いざ彼を前にすると,その小心さからか怖気づき,自分が悪かったと謝ったうえで相手の機嫌までとり始める。そういったゴリャートキンの人物像や,簡単には割り切れない人間の微妙な心理,理想と現実に苦しむ様子などを,非常に上手く描いている。
しかし,ストーリーが同じパターンの繰り返し(新ゴリャートキンが旧ゴリャートキンに嫌がらせ→新ゴリャートキンが出世→嫉妬,憎しみ→出世を妨げようと働きかける→失敗→新ゴリャートキンに許しを請う)であるうえ,個々のパターンにおけるゴリャートキンの内心の葛藤の描写があまりに長く,326ページ読み終えるまでやたら長く感じる。半分ぐらいの分量にすればすっきりまとまるのに・・・と思ってしまった。


<オススメ度>★★★
[PR]
by komuro-1979 | 2007-01-08 19:31 | ロシアの小説

「ティファニーで朝食を」 カポーティ 新潮文庫

表題の小説ほか,3篇の短編小説を収録。

「ティファニーで朝食を」は,ホリーのその謎めいた生い立ちと,予測不能な行動,そして彼女に振り回される男たちの描写などを通じて,ホリーという女性の魅力が充分に表現されていた。特に,飼い猫を巡ってホリーが感傷的になるエピソードは,読んでてホロリとさせられると共に,普段は自由気ままで気の強いホリーの別の一面を見せつけられ,彼女により感情移入するきっかけとなった。
ただ,ストーリーは結局,ホリーの自由気ままな暮らしを主人公の視点から追うだけであり,これではいくらホリーが魅力的と言っても飽きてしまう。正直それほど面白い小説とは思わなかった。

この小説よりもむしろ,「ダイヤのギター」のほうが断然面白かった。
「ダイヤのギター」は,殺人罪で99年の刑を言い渡された,ある受刑者の話。
娑婆に出ることを諦め,刑務所内で平穏な暮らしをしていたところ,新しく入所してきた男が脱走を持ちかけてきたことがきっかけで,彼の心はすっかり乱れてしまう。
一度は捨てたが,なお捨てきれない「自由」というものへの憧れが,ダイヤのギターを通じて見事に表現されており,読後感は素晴らしかった。


<オススメ度>「ダイヤのギター」★★★★★ 他★★★
[PR]
by komuro-1979 | 2007-01-08 17:40 | アメリカの小説