「常識として知っておきたい世界の三大宗教」 歴史の謎を探る会〔編〕 河出書房新社

仏教・キリスト教・イスラム教を、
開祖、聖典・経典、教義などの観点から対比しつつ、
それぞれの宗教の概要を説明している。

キリスト教とユダヤ教の違い、キリスト教のカトリックとプロテスタントの違い、
イスラム教のスンニ派とシーア派の違いや、
仏教における初七日と四十九日の法事の意味など、
基本的でありながらも自分の知らなかったところを、
わかりやすく解説してくれたのでとても助かった。
ここに書いてあることを押さえておけば、常識レベルとしては十分だろうと思う。


<オススメ度>★★★★
[PR]
by komuro-1979 | 2006-01-19 02:48 | 小説以外の本
<< 「ファウスト(上)」 ゲーテ ... 「自分を知るための哲学入門」 ... >>