「シッダールタ」 ヘッセ 新潮文庫

無事に免許をとれたことだし、気持ち良く新年一発目の感想を。

最初、インド仏教の用語がたくさん出てきて面食らったが、
注もついているし、最後まで読み通すのに特別な宗教知識は要らず、問題なく読めた。

この小説は、シッダールタが悟りに到達するまでの葛藤と、
それを克服していく過程が詳しく描かれており、
記述の中心は心理描写となる。
シッダールタの感じた心の乾き、焦燥、堕落、絶望。
そして悟りへと向かう心情の変化が非常に上手く描けていて、
まるでシッダールタと共に悟りとは何かと苦悩し、探求している気分になる。

また、カマーラの飼っている小鳥にシッダールタの心理状況を暗喩させたり、
別の道を歩んだかつての友と何度も再会させて
シッダールタの心理変化を際立たせたりするなど、
小説の構成も非常に上手いと思った。

シッダールタの到達した悟りの境地は凡人には理解が難しいが、興味深くはある。
この「悟り」がインド仏教哲学の中でどのような位置付けにあるのか、
そういうことが分かれば一層楽しめたのに残念だと思った。

・・・
159頁と薄いけど、非常に中身の濃い骨太の小説。
ひたすら内省的かつ哲学的なので、
合わない人は合わないとは思うけど、
ぜひ手にとって読んで欲しいと思います。


<オススメ度>★★★★
[PR]
by komuro-1979 | 2005-01-05 12:16 | ドイツの小説
<< 「偶然の音楽」 ポール・オース... 免許の失効 >>